オンラインカジノを含め、ギャンブルはプレイヤー各自が責任を持ってプレイすれば、エキサイティングでスリリングな楽しいエンターテイメントです。最近ではギャンブルへの中毒を防ぐために、カジノ業者がプレイヤーに責任のあるプレイを積極的に推奨しています。安全なギャンブルの推進とギャンブルのイメージ向上のために、アニメや漫画のキャラクターが採用されることもしばしばあります。ここでは、その一環としてギャンブルに登場する海外アニメと、日本のギャンブルであるパチンコで採用されているアニメ・漫画ギャンブルがテーマのアニメをご紹介します。

マーベルコミックからDCコミックへ

アメリカのアニメと言えば1939年に設立されたマーベル・コミックが世界的に大人気ですが、イギリスのプレイテック社が配信するオンラインカジノスロットでは、マーベル社のアニメスロットが2017年まで利用可能でした。契約により現在は全面廃止されていますが、ラインナップは大変豪華で、マイティ・ソーやデアデビル、アベンジャーズ、ハルク、X-MENシリーズ、スパイダーマンなど、実写映画化された有名なものばかり。全面廃止後はマーベル社と並ぶアメリカの出版社・DCコミックシリーズがプレイテック社のスロットに登場しています。キャットウーマンやワンダーウーマン、スーパーウーマンにお馴染みスーパーマンやバッドマンなど、マーベル社に引けを取らないラインナップです。国によっては著作権や法律によって利用できない場合もありますが、海外旅行時にオンラインカジノで遊ぶ際はアニメキャラクターが登場するスロットをチェックしてみましょう!

アニメが大活躍の日本のパチンコ

カジノは日本で合法ではありませんが、1930年代より国民的エンターテイメントとしてパチンコが普及しています。賭け事ではなく、プレイヤーが遊技の結果得たパチンコ玉をパチンコ店が指定する特殊景品と交換し、景品買取業者が運営する景品交換所がそれを買い取る形で現金化するシステムとなっています。パチンコ台の製造業者は積極的にアニメや漫画キャラクター、芸能人、アーティストなどとタッグを組んで、楽しく魅力的なパチンコ台を送り出しています。老舗アニメのルパン三世やゲゲゲの鬼太郎、ゴルゴ13、シティーハンター、うる星やつら、海外アニメではトムとジェリー、ポパイなどがタイアップしています。堅苦しいイメージから明るくポップなイメージへと変容を遂げ、これからもパチンコ台に採用されるアニメに目が離せません!

ギャンブルで支配された学園が舞台のアニメ

一方、ギャンブルをテーマにしたアニメ・漫画も増えています。「賭ケグルイ」は月刊ガンガンJOKERで2014年から連載されている学園ギャンブル漫画です。蛇喰 夢子(じゃばみ ゆめこ)は名門高校に通う謎の多い転校生ですが、「リスクを負う極限のギャンブル」を異常なまでに好む、ギャンブル中毒な女子高生。その高校も一風変わっており、弱者の人生だけでなく政財界にも影響力を持つ絶対的な生徒会によって支配されています。賭けるものは大金、カラダ、人生とスケールも大きく、駆け引き読心術勝負強さが必要とされる学生生活。夢子は友人と協力して、階級制度が横行する生徒会選挙を戦い抜きます。アニメでありながら、賭けへの本気度とギャンブルの種類、一発逆転のハラハラ感はリアルなギャンブルそのものです。ギャンブルをテーマにしたアニメがカジノに登場する日も近いはず!